FC2ブログ

無事に不妊手術が終わりました。


雨があがり、陽がさした途端に雑草も草花も背伸びをしているように感じます。



ついこの間まで小さいと思っていたチビ達も 5ヶ月になりました!

不妊手術の適期になり、2日に分けてお願いしていた手術日・となりました。


元気な時に不妊手術ができるのが一番です。
さぁ、がんばろうね。

20190310002259446.jpeg


待合い室でもひっつきむし・・・

20190310002304497.jpeg


車に乗れば病院か里親会、、

20190310002256118.jpeg


随分落ち着いて車にも乗れるようになりましたよ。

2019031000223099c.jpeg


体重はどの子も10キロ以内でした・・

術後のお薬をのむのは、おちゃのこさいさい。。

20190310002231c5c.jpeg 20190310002221af5.jpeg


術後の次の日は、すっかり元気はつらつ、、
ワンコ達はすごい!といつも思います。

20190310002219aea.jpeg


これから花開こうとしている蕾・のような

そんな勢いを感じるちびっ子たちです。。

20190310002328f9a.jpeg


幸せの花も、、満開になりますように。。







りんごの嬉しいお知らせです♡

2017年9月25日

母・りんご、子・ナッシー、子・カッキーと保護宅にやって来ました。

20190226075731d43.jpeg


その後、りんご母子は幸せなご縁に恵まれ、、それぞれの生活を送ってくれています。


数年間?長い年月・・放浪生活をせざるをえなかったりんご・・
当然フィラリア陽性になっていました。

新しいご家族の元にお願いに行くときも 
フィラリア症の治療薬・予防薬を持参させていただきました。


春も目前の一昨日・23日、りんごのフィラリア検査に病院に連れていってくださったそうです。
車中のりんごですね。。

20190225225640490.jpeg


そして、、とっても嬉しいお知らせが届きました!!
『なんと!フィラリア陰転・のお知らせでした!』


201902252256248d4.jpeg


写真をみても 毛艶もとっても良くなり体も引き締まり
とっても健康的なりんごに変身していました。


20190225225632894.jpeg


犬猫5匹家族の中で 一番年上のりんごですが、
一番の甘えん坊りんご・になっているようです。。

お家の人がいなければ、猫ちゃんと、、
いつも誰かと一緒・誰かの傍にいるりんご・とおっしゃっていました。


201902252256156c0.jpeg

「りんごは子犬を抱えて苦労をしてきた子なので、沢山あまえてほしい、、」
とってもありがたい、嬉しいお気持ちを添えてお写真が届きました。


毎日朝夕の治療薬を飲ませて頂いたおかげで1年5ヶ月で陰転する事ができました。

りんご・・これから沢山の幸せを味わってね、、。
ご家族の皆さま、本当にありがとうございました。

いつかまた 幸せいっぱいのりんごにあいたいなぁ。。


ひのき・なごみ・・一緒に幸せになりました♡


2018年12月25日、、

一足先に「ひのき」 少し遅れて「なごみ」、、

まめ君という先住わんちゃんのいるW家に迎えて頂くことになりました。


まめ・・にこ(ひのき)・・くう(なごみ)
それぞれの個性が光る3匹兄妹生活、となりました。
201902192213120a4.jpeg


にこちゃんは人もワンちゃんも大好きな子
それでもまだちょっと緊張気味、、ですね。
201902192213100b1.jpeg


まめ君との距離も直ぐにちかくなるでしょう。
20190220023323969.jpeg


これからずっといっしょ!!
もうすでに感じているに違いないまめ君とにこ。。
20190220023327a4a.jpeg


そして「くう」が加わり3兄妹の生活がはじまりました!
みんなペレットストーブの前が大好き!!
201902200233260f9.jpeg


W家のお兄さん、、とっても優しいのでみんな大大好き!
くうも幸せいっぱいのお顔です。。
20190219221312006.jpeg


W家のママさんはとっても頼りがいがあって、
明るくて、、3匹兄妹のママさんにピッタリなのです。
201902200233221d6.jpeg

キレイに整備された林の中の散歩コースを一緒に歩いてみました。

家族としていっしょに過ごす何気なく流れる時間、、
ほんとうに心和む時、、ですね。
20190219221307a06.jpeg

W家の皆様のおかげで、、ひのき・なごみは幸せになることができました。
大変な事もとっても前向きにとらえてくださるご家族様です。

そんなお気持ちは「まめ」「にこ」「くう」ちゃんにしっかり伝わっていることを感じ
とっても安心した気持ちになることができました。

こうして幸せのご報告を書いている今も、きっとストーブの前で
あったかな時間を過ごしていると思います。

ふつうで最高の幸せを、、心からありがとうございました。





千歳・・甘えん坊でつながった幸せ。

昨年11月14日、センターから迎えた「千歳」

センターの中での千歳は少し控えめな子・という感じでした。
その後徐々に、、本当はとっても甘えん坊な子・を発揮してくれました。


そして、、12月29日
千歳を待ってくれるご家族のもとに向かいました、、
ちょっと遠方なので、さらに気をひきしめて、ハンドルをにぎりました。


お家では、ママさん・先住のさきちゃんが待っていてくれました。
(パパさんは歳末商戦でお仕事なのでした)

20190118160524f14.jpeg


到着早々に、甘えん坊ぶり発揮!の千歳。。

20190118160606592.jpeg

先住のさきちゃん・・
(この子・ちょっとなれなれしすぎ・・・)
ほんとよね、さきちゃん!

ママさんとはこの日が初対面な千歳でした、、。

201901181605261b2.jpeg

ここは秦野市、
お散歩コースでもあるハイキングコースをちょっと歩くと、、
こんな風景が眼下に広がりました!

20190118160522e99.jpeg

先住のさきちゃんも当会からの里子ちゃんです。
先代・先先代の子もいつも一緒に見守ってくれています。

20190118160608bf4.jpeg


その後、、
千歳は、、『うた君』になり、
今やニックネームは「べったりちゃん!」と呼ばれているそうです

20190118160602f20.jpeg


お天気の良い日の特等席、
サンルームでくつろぐ・しっかりもののお姉さん・さきちゃん、、
体は大きけれど甘ったれの・べったりうたちゃん、、

さきちゃん、、甘えん坊過ぎるうたちゃんを弟として認めてくれたようです。。


20190118160602f5b.jpeg



うたちゃんをお願いにあがった日の帰り道・・
東名の事故渋滞もあり・・家路に着く頃西の空には、
夕日にくっきりと浮かびあがる富士山が見えました。

20190118160523304.jpeg

これから先、遠くに臨める富士山を見たら・・千歳のことを思い浮かべたいな、、。
千歳とのせんたーでの出会い・そして千歳の幸せなご縁に、、心から感謝したいと思います。


Nご夫妻様、、うたちゃんをしっかりと受けとめて頂き 本当にありがとうございました。

そしてご声援をお送りいただきました皆さま・おかげさまで、千歳は幸せになりました、、
本当にありがとうございました。



ラッキーを偲んで・・・


12月9日にラッキーを見送り・・
早いもので10日がたちました・・。

ラッキーもそうですが、保護した子とお別れをした時
保護宅にやってきた時の事を必ず思い出します。

毎日の事は思い出せない事も多々ありますが
初めてのその日その時は衝撃が大きくて・・心に残ります。



この記事の写真のラッキーは、全て癌の全身転移がわかってからのものです・・

最後の手術からの散歩は、ラッキーだけで何時ものんびりと歩いていました。

20181220215728af6.jpeg

命取りとなった癌は「軟部組織肉腫」・・
最初にあごの下に発見したこりこり・とした腫瘍でした。

20181220215727bc3.jpeg

あごの下の腫瘍摘出をして10日程して
額に・・わき腹に・・後ろ脚に・・
次から次へと腫瘍が現れはじめました・・。

2018122021572021b.jpeg

おそらく・・血管組織にできた癌が血液の流れで全身に転移したようです。
転移は皮膚だけにはとどまらず・内臓にも転移していたのだと思います。

201812202151554be.jpeg

幸いにも腫瘍の痛みは強くなかった感じがしました・・。
それは、ラッキーの表情を見て感じる事ができました。

201812202151504d1.jpeg

元気な時のラッキーは「わたし・つよいのよ!」という性格でした。
目が見えない怖さ・不安がラッキーをそうさせていたのかもしれません。

闘病の日々はラッキーの芯の強さが感じ取れる静かな闘病生活でした・・
今考えると我慢強い子だったのかもしれません。

201812202150360d7.jpeg


11月の末には、ラッキーと同じ場所から保護をしたノアが会いに来てくれました。
保護宅でのラッキーはノアのお姉さん的な存在でした。

このころのラッキーは歩く事もつらそうになってきていましたが
必死でノアの匂いを確認していました。

20181220235516c59.jpeg

ノアのママさんが持って来てくれたお芋を一口・いただきました。
食欲もほとんどないラッキーでした。

20181220215039ae2.jpeg


ノア、会いに来てくれてありがとうね、、
パパママさん、遠路ノアを連れてきてくださって感謝しています。

20181220235515750.jpeg

食べるものはすべて顔をそむけるようになったラッキー・・
それでも最後まで自力でお水は美味しそうに飲んでくれました。
この勢いで何かを食べてくれたら・・と思ったものでした。

20181220215724e1a.jpeg

体をさすると気持ちよさそうに目をほそめてくれたラッキー
「ラッキー」と声をかけると良くお耳が動いていたラッキー

20181220215034455.jpeg

最後の通院となったこの日も
病院のスタッフさんにそっと頭を撫でていただいたラッキーでした。

少しでも苦痛のないよう・・それだけを願い寄り添ってきましたが、その思いが叶い、穏やかに、そっとラッキーは旅立ちました・・。

20181220214944fdc.jpeg


ケージの中で飼育されていた長い年月、大きくなってしまっていた腫瘍、緑内障がすすみ見えなくなってしまった目・・

ラッキーの生涯・・どこに幸せを見出せばいいんだろう・・とやり場のない思いが募ります。

ラッキーの運命は人によって変わってしまった。
もっともっと幸せな毎日があったはずなのに・・。

けれど病をかかえながらも手術を乗り越え、
元気に過ごした日々がラッキーにも確かにありました。

きっとお空に行ってもラッキーらしく過ごしてくれていると思います。

20181220215034f77.jpeg

思い出の長い長い・のんびりお散歩も・・ね。

20181220215725730.jpeg

ラッキーには謝らななければいけないことばかりですが、保護宅で一緒に過ごしてくれたこと・ありがとうと言いたいです。

ラッキー、、、
保護宅に来てくれて・本当にありがとうね。




sidetitleプロフィールsidetitle

いばらきの犬と猫

Author:いばらきの犬と猫
私たちは茨城の現状を何としても変えていきたいという思いで『不幸な犬・猫ゼロ』を目標に日々活動しています。

どうぞよろしくお願いいたします。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle

全ての記事を表示する

sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR