2018/04/29

幸せな犬生を願って。

茨城県の鉾田市より保護した6匹姉妹の子犬たち。

2018042909372902c.jpeg


赤ちゃんから保育園生に・・といったところでしょうか。
毎日わいわい元気に過ごしています。

体重も増えてきたところで、駆虫をしなければいけません・・
駆虫薬を飲ませたところ、体に似合わない大きな回虫が、びっくりするほど出てきました!

こんな小さな体で・・気持ち悪かったよね、、
しっかり駆虫しないとね!!  がんばろうね!


この子たちが生まれた鉾田市のお宅では、
この小屋の中でお母さん犬とともに過ごしていました。

201804191137455aa.jpeg

ここ茨城県では未だこの子たちのように生まれては「捨てられる」「適当に欲しい人にあげてしまう」子犬がたくさんいるんだということを思い知らされます。

201804191137137f7.jpeg

そしてこの子犬とお母さん犬のように、ノミ・ダニ・回虫、フィラリア予防、ましては不妊手術など一切してもらえず飼われる現実。

犬の生涯は”虫との闘い”と昔きいたことを思い出します。
飼い主が、しっかり管理してあげないと、生涯苦しむことになってしまいます。


2018042909391660b.jpeg

3月10日生まれということでもうすぐ2ヵ月になります。
先日ワクチンを無事に済ませました。

20180429093859e5b.jpeg

ちょっと緊張するね・・。

20180429093907324.jpeg

頑張って、、絶対に幸せになろうね。


20180429093926811.jpeg

生まれてきて良かったと思えるような一生、、

あなたに会えて本当に幸せだよ・・と思ってくれる家族と一緒にね。


20180429093934a0b.jpeg


ワクチンが定着したころ、6匹姉妹の幸せ探しを始めたいと思います。

それぞれの子にとって最高の幸せなご縁につながるまで、
皆さま、応援をどうぞよろしくお願いいたします。
2018/04/23

【お世話の一コマ】ミトちゃんの日々

4月4日のミトちゃん、、
このころは後ろ足に力が無くなり補助ベルトをつけてお散歩していました。

201804091836143fe.jpeg


そして3週間が経ち、前足も交互に上手く運べなくなってしまいました。
ミトちゃんの一日一日は沈む夕日のように・どんどん過ぎてゆきます。
それでも”健命”というご飯を喜んで食べてくれているので、心が救われる介護生活です。

ミトちゃんは歩けなくなっていること、どんな風に感じるのかな。

今、楽しいこと嬉しいことは何だろう。


そんなことをよく考えますが、
今日一日を、その時その時を、ただまっすぐ生きている、、そのようにシンプルなことなのかもしれません。


ただ、私たちがいることで安心したり、落ち着いた気持ちで過ごせるなら本当に嬉しいことです。

治療して治してあげることは出来ないけれど、ミトちゃんにとって1番のサプリメントになれるよう支えられたらいいなと思っています。


2018/04/19

【お世話の一コマ】豆太郎のアジト

先日、ずっと気に掛かっていた豆太郎のお部屋をリフォームしました。

まずお家をどかして・・

20180419113634b13.jpeg


豆太郎にも移動してもらって、、
待っている間も大好きな穴掘りをしていました^^;

20180419115014ad2.jpeg



そして地道にタイルを敷き詰めて・・
午前中からスタートした作業も夕方には何とか終わりました。


20180419113626511.jpeg
豆太郎、気に入ったかな??


完成です。豆太郎がいつでも穴掘り出来るように穴掘りスペースも確保しました。

長い間気になっていたところでしたので、これで少しは豆太郎が快適に過ごせるんじゃないかな。。と思い、やれやれホッとしました。

何とか工夫しながらですがご支援下さる皆様のお蔭で保護犬・猫それぞれ穏やかな日々を送ることが出来ています。
本当にありがとうございます

2018/04/04

ロン・の手術が無事におわりました。。

桜もほぼ満開になった3月27日

この日は、老犬〝ロン”の睾丸にできた腫瘍摘出の手術の日・でした。

元気、食欲も大丈夫!予定通り手術に臨む事ができました。


いつも通り、、朝の散歩にでかけました。

20180329122944114.jpeg


気持ちの良い朝の空気と日差し、、ロンも気持ちよさそうです。

20180329122936db7.jpeg


ちょうど春休み・ということで、近所のおねえちゃんに、がんばってね!に、嬉しそうなロンでした。

20180329122928659.jpeg


車に飛び乗り、いざ病院に着くと・・帰ります・帰りたいです・・・
ロンなりになにかを悟っているのでしょう。

201803291230061ef.jpeg
またお迎えに来るから頑張るんだよ!ロン!


「手術は無事におわりました」の連絡を頂き、いつものことながら胸をなでおろしました、、。

お年寄りなので、病院に1泊お泊りをして、翌日お迎えにいきました。

いつもより、ちょっと元気のないようなロンでしたが、、家に戻りいつもの場所でお昼寝です。

201803291230351ba.jpeg


おかげさまで・・
無事にロンの寝顔を見る事ができました。。。

20180329123028eea.jpeg

病理検査の結果、良性の腫瘍だとわかりました!

術前、レントゲンもとって頂き・・膀胱と腎臓に小さな石がみつかりました、、が

もうしばらく前からあるもので、療法食で溶けるタイプの石ではないとのことでした。

石が尿道につまり尿がでないと2~3日で命取りになるとのこと・・・

ちゃんと毎日尿が出ている事だけは要確認!!となりました。

人も犬猫も歳をとればいろいろ悪いところが出てくるものですね、、

それでも、先ずは幸運の持ち主・ロン!です。

ここまで長生きできたのですから、寿命をまっとうしてくれることを願って、、

毎日『尿確認』をしたいと思います。
2018/03/26

まだまだ道半ばです・・

ここは、とある会社の敷地内です。

毎日顔を見せる子・飛び入りで来る子・・とにかくたくさんの猫です。

20180326122626f30.jpeg
これが全頭ではありません・・



ここで働くある女性が猫に関して執り仕切り、ごはんを与えていたそうです。
当然のように子猫がうまれ、猫は増え続けます。もちろん、その間事故や病気で亡くなった猫もいるでしょう。


しかし、その女性は”どうせ何処かにいってしまうから”・・等の理由で不妊手術には反対、
実際ここまで増えて、手が付けられない状態になっていたと思います。

20180329181314020.jpeg
1匹目の女の子からはじまりました。


そのような中、なぜ当会に相談があったかというと、
仕切っていたその問題の女性が職場を退職してしまったそうなのです。

そしてやっと他の職員の方が問題に介入出来るようになった、と。

残されたたくさんの猫、そしてそのお世話。

無責任にもほどがあり、
本当にかわいそうな猫たちです。

20180329181340deb.jpeg
やむなく、どの子も耳カットをお願いしました。


とても通常の手術料金での不妊手術は不可能に近い頭数です。

こんな状況を知ったからには、何か行動を起こすしかありません。


20180329181331ca8.jpeg
捕獲はするほうも、される猫も大変です。


会社の方に捕獲、病院への搬送はお願いできることになり、
2月26日・・・先ず女の子優先で捕獲をスタートしました。


この時期、女の子はのんびりしてはいられません…1匹目の女の子は5匹お腹にいました・・。
女の子、男の子が入り混じっているのですから、お腹に子猫がいても当然の事です。


20180329181427150.jpeg
ケージの中で大暴れしてしまう子も・・


病院の先生にも事情をお伝えして、予約手術の他に捕獲の猫の手術をお願いしました。

ご理解を頂いた先生に、心から感謝したいと思います。


20180329181728489.jpeg
女の子は術後に抗生剤のお注射をお願いしました。


ほとんど毎日のように捕獲しては病院へ・・が今も続いています。

とにかく1匹ずつでも・・・手術をしていけば、いつかは終わる、、

1匹残らず手術をする事が大切なことです。

20180329181451f14.jpeg
よくがんばったね。


この1ヶ月で、

女の子・・11匹   
男の子・・9匹  

の手術が終わりました。


女の子のほとんどの子が妊娠していたのです・・もし手術をしていなければ推定50匹ほどの子猫がうまれ、さらに半年たったら・・・恐ろしくなります・・。


一人では出来ないことも、力を合わせ、先生にも頑張って頂き、
いつも応援を頂くご寄付のおかげで、
不幸な命が増え続ける事を防ぐ事ができました・・。


女の子は残り1匹までこぎつけ、後は男の子十数匹です。

やっと半ばです!!
最後の1匹まで、がんばらないと!!


20180326122618000.jpeg
外で生きることは過酷です。これ以上同じ境遇の猫たちを増やしたくありません。



実現には遠いかもしれませんが、『不幸な命ゼロ』のために、どの子にも不妊手術ができたらどんなに良いかと思います。