2013/10/28

飼い主さんを待つ犬たち

先週末、2頭の犬が役所に収容されました。

小型犬の子はトリミングされ、頭にはリボンのようなものが付いていました。
もう一方の子は賢そうな女の子です。

推測ではありますが、飼い主さんの元から迷子になってしまったと思わせるような子たちでした。
もしくは、ただ置き去りにされてしまった子たちなのかもしれません。

2頭とも首輪もついていませんでした。
私たちはすぐに保護をせず、飼い主さんからの連絡を待ってもらうよう役所の人にお願いしました。



<『シェリー』 役所にて>
IMG_1235.jpg




結局、1週間経っても飼い主さんからの問い合わせはありませんでした。

係りの方も、登録名簿で調べてくれましたが該当する犬は見つかりませんでした。

そうなると身元の分からないこの子たちは動物指導センターに送られ1週間後には殺処分となってしまいます。
こういうケースでセンターに送られてしまう犬はとても多いのです。



<『アム』 役所にて>
IMG_1236.jpg



この子たちの飼い主さんは今頃どうしているのでしょう。


居なくなってしまったことは仕方ないとあきらめているのか、それとも探しているのか、
それともただただ帰りを待っているのか。



動物指導センターや、市のホームページなどで犬や猫が行方不明になってしまった時の対応方法を呼びかけていますが、まだまだ浸透しておらず、知らない人がたくさんいるのかもしれません。


現に動物指導センターには、首輪をして明らかに飼われていたと思われる多くの犬が
収容され、殺処分されています。
首輪はしていても迷子札や鑑札がないため家に帰ることができないなんて・・・。

これが茨城県の現状です・・・。



 【飼い犬・猫が迷子になってしまったら】
 
 ①すぐに最寄りの警察、役所、地域の動物愛護センター、保健所に連絡してください。 
 
 ②時間が経過しないうちに、近所を捜索し、聞き込みを行ってください。
 
 ③写真の入ったポスターを貼ったり、チラシを配って情報を集めましょう。
  インターネットで迷子サイトに掲載するなどの方法もあります。



もし、この子たちが首輪をしていて、迷子札や鑑札がきちんと付いていたら…
すぐに飼い主さんの元に帰ることが出来たはずです。

迷子札や鑑札を付けることは、この子たちを守る『命綱!』となります。

言葉の無い犬猫に・『鑑札と丈夫な迷子札(メダル)』をつけてあげてください!

大切な大切な家族、大切な大切な命・なのですから。

関連記事
2013/10/24

8兄弟の名前。

先日、役所より保護をした8兄弟の子犬たちですが、
里親さんを募集するため、それぞれの写真を撮り、あとは名前を付けるのみとなりました。


例え1頭でも「これだ!!」というその子にぴったりの名前を思いつくまでには、
結構時間がかかります。

ビビビ!とすんなり決まる事もあるのだけれど。。


とにかく頭数が多いため、時にはその子の保護された場所や、
季節にちなんだ名前をつけることもあります。


<お盆に保護された 『おぼん』
obon.jpg
里親さん募集中です


<お寺にて保護された 『てら』
てら
里親さん募集中です


と、こんな具合です。



兄弟ですと、同じ 『くくり』 で名前を付けないと後で誰だか
分からなくなってしまうため、シリーズ化して名前を付けています。


例えば、野菜シリーズ(すいか・とまと・レタス…)や
コンビニシリーズ(セブン・デイリー・ファミー…)など。


保護主Kも、もうそろそろ覚えるのが大変な年齢に差し掛かっていますので
分かりやすさが大事なのです。



今回は、8兄弟です。。どうしよう、どうしようと頭をひねりましたが、
なかなかいいものが思い浮かばず…。色々考えました。杉、松、ひのき…


そして結局のところこんな感じに!

里親さんを募集中ですので、お名前を覚えていただけるよう、
いっきにご紹介いたします




 ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂



エントリーナンバー1!
ひい (1.5ヶ月) 優しい顔立ちの男の子
pro11.jpg



エントリーナンバー2
ふう(1.5ヶ月) ふわふわな毛並みの男の子
pro008.jpg



エントリーナンバー3
みい(1.5ヶ月) かわいい眉毛の男の子
pro005.jpg



エントリーナンバー4
よう (1.5ヶ月) 背中の模様がかわいい男の子
pro006.jpg



エントリーナンバー5
いっこ (1.5ヶ月) 困った顔が何とも愛らしい女の子
pro003.jpg



エントリーナンバー6
むう(1.5ヶ月) 栗色ふわふわ毛並みの男の子
pro004.jpg



エントリーナンバー7
ななこ(1.5ヶ月) 優しい毛色、優しい顔立ちの女の子 
pro007.jpg



エントリーナンバー8
ややこ (1.5ヶ月) きれいな栗色の毛の女の子
pro009.jpg



以上、簡単ですが ひいふうみいよういっこむうななこややこ のご紹介を終わります。
(名前も簡単ですが…)

この子たちに優しい里親さんが見つかりますよう皆さま応援お願いします




便乗して…♪この子たちの応援もお願いしま~す

いもちゃん(3~4ヶ月 女の子)                
pro001-2.jpg 


チロ(1歳弱 女の子)
pro12-1.jpg


フルフル(3ヶ月 女の子)                    
IMGP0898.jpg  

コクリコ 写真左 (5ヶ月 女の子)
IMGP1057.jpg


◎譲渡に関するお問い合わせ里親さんを希望される方は、いばらきの犬と猫HPよりお願いいたします◎
関連記事
2013/10/21

ほら穴ユキちゃん

伊豆大島に大きな被害をもたらした台風26号上陸予報の朝。

何としても保護をしなければいけない母子犬がいた。


<穴を掘って子供を育てるユキちゃん>
2013101511580000.jpg


いつからかこの地に穴を掘り、住み着いたユキちゃん。
今までも何度か保護しようとしたが、なかなか保護できずにいた。

しかし大型の台風が接近上陸するとのニュース。
早く保護しないと台風の雨風でユキちゃんのほら穴が水浸しになってしまうのは確実だ。


私たちは、ほら穴の出口からユキちゃんが逃げ出してしまわないようにケイジで塞ぎ、
穴の上から突入することにした。


ほら穴を覆う草木をかき分け、ユキちゃんに手が届く事を確認し、
リードを大きな輪にしてそっとユキちゃんの首にかけた。


ユキちゃんは暴れることもなく、じっと体を固くしていた。
そしてユキちゃんをそっと抱き上げ、子犬と一緒にケイジの中に入れることが出来た。


これで台風が来ても大丈夫。
良かった、良かったとみんなで胸をなで下ろした。



<保護直後のユキちゃんと子犬>
131015_1158~03


ユキちゃんには怖い思いをさせてしまったね。
でも幸せになるための第一歩だからね。


ユキちゃんが上手におっぱいをあげることが出来ない為、
ちび子犬2匹は預かりさんのもとへと親離れ。


歯もわずかながら覗いてきたので授乳ももう一頑張り。


<ユキちゃんの子犬たち>
IMG_1175.jpg  IMG_1179.jpg


3匹の命を幸せな命へと繋げるのは、本当に大変なこと。
ひとり、ひとりの小さな力が集まって、この子達を無事に保護することが出来た。


小さなことの積み重ねが大切とこの子たちが教えてくれた。
関連記事
2013/10/17

みずなちゃんの新しい家族

6月も終わる頃、車がぶんぶんと通る国道の端を、みずなちゃんは彷徨っていました。

保護主のKは普段は滅多に通らないその国道をたまたま車で走っていました。

そこで動く何かを発見!小さなそのからだを見て、はじめは猫だと思ったそうです。
急いで車を路肩に停めてその子の元へ。

これがみずなちゃんとの出会いでした。


⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂


(保護した当時のみずなちゃん)
2013072520260002.jpg


驚いたことに、みずなちゃんは出産をしたばかりのおっぱいで、
眼球はほぼ真っ白の状態でした。

普通の飼い主さんなら、この状態のみずなちゃんに子供を生ませることはしないはず。
みずなちゃんには一体何があったのでしょう。


2013072023020000.jpg



保護をしてからみずなちゃんの様子を見ていると、動きは割と機敏で
老犬というよりはまだもう少し若いのかな、という印象を受けました。

目がよく見えていないみずなちゃんにとって、たくさんの大きな
犬たちがいるK宅での生活はかわいそうだと感じました。


そこでNさんに一時預かりの相談をさせていただいたのです。
Nさんは快く引き受けて下さいました。



⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂


Nさんとのご縁は今から6年程前・・・

『B作』という犬の里親さんになっていただいたことから始まりました。


<B作~Nさんのブログ「bee-sakuの徒然日記」より~>
20081102-3.jpg



B作は10歳を過ぎた老犬でした。

子犬や健康な犬と比べ、里親さんが見つかることは難しいと考えていましたが、
何とかB作の為に家族を探してあげたいと思っていました。

その時、B作を気に留めてくれたのがNさんでした。



NさんはB作に穏やかな老後を送って欲しいと思い、家族に迎えて下さったのです。


幸せな余生を過ごしたB作。
B作にとっても私たちにとってもNさんとのご縁はかけがえのないものになりました。


⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂  ⁂


そして、Nさんにみずなちゃんを預かっていただいてから、3か月ほどたった

ある日のこと・・・



Nさんはみずなちゃんを家族に迎えたいとおっしゃって下さったのです。




<幸せになったみずなちゃん~Nさんのブログ「おさんぽ徒然日記」より~>
f0233763_1861569.jpg


少なからずハンデを持つみずなちゃん。里親さんが見つかる可能性が低いのが現実です。


Nさんのブログを読んでいただくと分かりますが、Nさんはこれまで
B作やみずなちゃんだけでなく、不幸な状況下にいたワンちゃんを家族に迎えたり、
預かりさんなどもなさってきました。


Nさんのような方がいて下さることは、そのような子たちにとってどんなに心強く、
またどんなに幸せなことでしょう。


心からそう思うのです。


この場を借りて、Nさんご夫婦に改めてお礼を申し上げます。
本当にありがとうございました。


そしてみずなちゃん、良かったね!本当に良かったね!

関連記事
2013/10/16

-ある多頭現場-

茨城県下に、ある多頭の現場があります。
ここは数ある悲惨な多頭現場の1つです。


成犬、子犬を合わせて約60頭くらいでしょうか。


ここに写真を載せることは出来ませんが、うじのわいた犬の死体やミイラ化したもの、
すでに白骨化しているもの・・・その現場は目を覆いたくなるような状況でした。


餌や水不足の為、そこで生まれた子犬たちが成犬の餌食になっていたり、
不妊・去勢手術もしていないため、犬同士の喧嘩で噛み殺されている犬もいました。



IMG_0755.jpg

ここには60代の人が1人で暮らしています。
職も無いため、電気も水もガスもない生活をしています。


当然、犬たちに与える水やご飯などあるわけもなく、スーパーやコンビニの残飯などを
あげていたようです。


茨城県の動物指導センターはこの現場を十数年前から把握していました。
しかし、何の改善もされることなく、現在に至っています。


<ボランティアのご飯を待つ犬たち>
img001.jpg


これまで、たくさんのボランティアが何とか改善したいとフードを持ち、飼い主との接触をはかってきました。
不妊手術をすすめたり、状況の改善策などを提案しました。
しかし飼い主はまったく聞く耳を持ちませんでした。



その間にも、何頭もの犬が命を落としていったに違いありません。


『いばらきの犬と猫』が、この現場のことを知ったのは、8月の暑い最中でした。
他のボランティアさんと同じように、ご飯や水を持ち、飼い主と接触することから始めました。


<ボランティアさんにご飯をもらう犬たち>
img003.jpg


『子犬がどんどん生まれてしまう』 この状況は待ってはくれません。

早く、何とかしたいと気持ちは焦りましたが、
押したり、引いたりの説得は長い期間を要しました。


img002.jpg


そして、ここに来てやっと飼い主が犬を引き渡すことを口にするようになりました。


けれども、いざ手放すということになっても、
正直1度に数十頭の犬たちを保護することは不可能です。
人手も、保護する場所も全く足りません。


まずは子犬たちを。
そして成犬は少しずつ保護をしていくしかありません。


<何度も子を生み垂れ下がったおっぱい>
2013090213440000.jpg


この飼い主が今まで犬たちにしてきたことは、明らかに動物虐待です。


警察も指導センターも地元の行政もこの現場に関わっていました。


もっと早い時期にこの飼い主に対して毅然とした態度で説得をしていたら、
こんな状態が10年以上も続くことは防げたはずです。


犬たちが本当にかわいそうで仕方ありません。
結局、犠牲になったのはこの犬たちだけなのです。


<一生懸命おっぱいを飲もうとする子犬>
img004.jpg 

真の動物愛護法とは・・・。

一体、何のための動物愛護法なのでしょうか。
関連記事
2013/10/14

はんこ と どんぐり。

K宅は相変わらず子猫がいっぱい!!

みんな幸せになれますように。。と

今夜もせっせと写真撮影が行われていました。




どんぐり 1.5か月才
GhLmf81qOBqdhjm1381778138_1381778519.png




はんこ 1.5か月才
atSDcYjZmVon9uv1381778740_1381778819.png



保護されたのはこの2匹。他にもきょうだいはいたのかな…
Ls55yi3DrqzGhA31381779940_1381780157.png





幸せになれるように、みなさん応援お願いします!
Da9MV5QdIMaFrkA1381779489_1381779818.jpg
関連記事
2013/10/12

もっともっと幸せに…

その犬たちは発見した当初、とても悲惨な状況で飼われていた。
気になって、気になって、何とかしたくて、思い切って飼い主さんにお願いし、
私は今、週に4回ほどその犬たちのお世話に通っている。


―約半年前―

あちこち廃棄物が放置された敷地に犬が9頭。

首輪は鎖を切ったものが犬に巻かれ、そこに鎖が繋がれていた。
犬の周りにはコンパスで円を描いたように糞が積み重なり、ひどい悪臭がした。
バケツの中の水はコケが生えていて中が見えないほど汚れている。
この何日も取り替えていないような水が飲み水のようだ。
犬小屋の中にはネズミの死骸まであった。
草は覆い茂り、犬たちの姿はよく見えなかった。


女の子(「のえ」)がいた場所
018s.jpg 


ここがぼくの家
002s.jpg 



後ろの箱がぼくの家
003s.jpg 





全部で9頭だと思っていた犬たちだが、敷地の裏側にもう1頭いた。
誰の目にも付かない、もちろん他の犬の姿もない場所。たった1頭で繋がれていた。
近所の人の話だと、朝から晩までずっと鳴いていたそうだ。

1日がどんなに長かっただろう。
001s.jpg 



飼い主さんは1人暮らしで、年のころは60代。
はじめは2頭しかいなかった犬も子が子を産みどんどん増えていったそうだ。
子犬のうちにもらわれていった犬もいたし、交通事故で亡くなった犬もいる、
この間、1頭死んだ。という悲しい話も淡々と話す。

近所からの苦情も過去にはあったようで、保健所に出すことも考えたが、
お金がかかるので出来ないとも。。。

それからさっそく代表K、Sママさん、Sさん、私とで草刈り、掃除、首輪の取り替え、散歩などをした。
炎天下の中、みんなで頑張った。


掃除後、、見違えるようにさっぱり!
after.jpg 


残りの糞も片づけないと・・・
005s.jpg 





散歩に行くのも生まれて初めての犬たち。
子犬が初めて散歩をする時のように、あっちこっちに引っ張ったり、動かなかったり。


でも、私の目にはどの犬たちもワクワクして嬉しそうに見えた。
みんな3~4歳くらいだろうか。
だけどこれが初めてのお散歩なのだ。

007s.jpg 



その日、中でも特にひどい状況の女の子2頭を保護した。
敷地裏にいた白い子はみんなの近くに移動した。

008s.jpg 



発見したあの日から約半年。



なかなか里親さんも見つからない状況で、お世話はまだまだ続きそうだ。
仕事をしながらのお世話には時間にも制限があり、最低限のことだけしか出来ない。

お散歩はどの子もみんな興奮状態!ぐいぐい引っ張るが、この子達にとっては、
1日おきの楽しみな時間なのだから当たり前だ。

短い散歩をしてあげるのが精一杯。あとは水を取り替えることと掃除だけになってしまう。
時々でもいいから、時間をかけてゆっくり散歩をしてあげたい。
出来ればブラッシングもしてあげたい。



月に1度でもこの子たちのお世話を手伝って下さる方がいましたら、
どうかお願いいたします。



今の私の夢はこの子達を思いっきり走らせてあげること。
(どんなに喜ぶだろう。頭の中で妄想しながら散歩に励む。)


そして優しい里親さんが見つかり、今までもらえなかった「嬉しい」や「楽しい」や「安心」を
いっぱいいっぱい感じながら生きてもらうこと。
(将来の里親さんと一緒に写った幸せ写真を妄想しながら散歩に励む!)



今よりもっともっと幸せになって欲しいのです。



みんな友好的で元気です!
紹介します!



ムッタ(男の子)
しっぽもピーン、耳もピーンと立っているかっこいい男の子です。
犬には強気、人には甘えん坊なかわいい一面も。 
 015s.jpg




【里親さんが決まりました!】なつた(男の子)
ムッタと兄弟(らしい)です。ムッタとは反対に耳は垂れてしっぽもくるん。
無邪気で愛嬌のあるかわいい男の子です。
 010_20130804161448fdds.jpg
 


(男の子)
おりこうさんの食いしん坊です。みんなと仲良く出来ます。
お散歩も大好きです。

012s.jpg 


【里親さんが決まりました!】ミント(男の子)
身体は大きめです。性格は穏やかで、人にも犬にも友好的です。
現在は保護しており、去勢手術も終わりました。
014_20130804162924959s.jpg 



ハヤテ(男の子)
とにかく元気です。走りたくて仕方がありません。
お散歩が大好きです。
hayate.jpg 



【里親さんが決まりました】のえ(女の子)
小柄な体格の女の子です。少し臆病で控えめな性格です。
お世話初日に保護しています。不妊手術も済んでいます。
IMGP0547.jpg 



【里親さんが決まりました】のあ(女の子)
活発で元気な子です。「のえ」と同様、小柄な体格。初日に保護しました。
不妊手術も済んでいます。
IMGP0575.jpg 



蒼(あお) (男の子)
食いしん坊の甘えん坊で、とても活発です。お散歩が上手になってきました。
IMGP0416.jpg 



【里親さんが決まりました】シオ(男の子)
他の子よりも小柄な体格です。虎模様の毛、太いしっぽ。
臆病な面もありますが、実はとっても甘えん坊な子です。
IMGP0417.jpg 


今まで、この子たちは鎖の長さの中だけで生きてきました。
せめて普通の幸せを・・・と願わずにはいられません。


皆さまのお知り合いの方にもこの事を知らせていただき、良いご縁に繋がれば
これ以上嬉しいことはありません。

里親さんになっていただける方、一時預かりをして頂ける方を大募集しています。
どうぞよろしくお願いいたします。
関連記事
2013/10/10

強運の猫 デラ

デラ


デラ (推定2歳)の避妊手術が無事に終わりました。
血液検査(エイズ・白血病)も大丈夫、元気いっぱいです。



デラは強運の猫なのです。



2か月前のデラはこんな姿でした。

         ・
         ・
         ・
         ・
         ・
         ・
         ・
デラ⑤-2

デラは、交通事故に遭い、道路で動けなくなっていました。
そこにたまたま同じボランティア会員のSさんが車で通りかかり、発見されたのです。


Sさんから連絡を受けた、K(代表者)はてっきりもう猫は亡くなっていると思い、
その場へ向かいました。


Kが到着し、そばに近寄ってみると、「え、まだ息があるっ。」
もう夜も10時を回っていました。


幸運なことに、病院の先生と連絡を取ることができ、診てもらえることに。。
大急ぎで車を走らせました。


デラは、頭を打ったようで、鼻と口から出血がありました。
お尻付近からも出血があり、膀胱など内臓の破裂が疑われました。


時折、痙攣のような発作を起こす、その様を見ていると、
とにかくこれ以上痛い思いをしないで欲しい。。

そう祈るばかりでした。


一通りの検査が終わりました。
幸い命に係わる致命的な損傷は見つかりませんでしたが、
いつどうなるか分からない状況、、、今夜が峠だと先生もおっしゃっていました。


それからデラの入院生活が始まります。
次の日には、鳴いたり意識もはっきりしている、と先生から電話をいただきました。



≪入院中のデラ・・・まだまだ辛そうだね。≫
2013082611590000.jpg



奇跡的な回復を見せたデラ。
なんと強運をもった猫でしょう
それから1週間…デラは無事に退院することが出来ました。



その後、デラは順調に回復し、どんどんかわいらしくなってゆきました


とても人懐こくフレンドリーで穏やかな性格の猫です。


デラはおそらく外で飼われていた猫。
デラが発見されたのは交通量の多い、みんなスピードを出している道路でした。
事故に遭うのは当たり前です。


デラの事故は、もちろんデラのせいではなく、外に出していた飼い主さんの責任です。


これからはお家の中で精いっぱい可愛がっていただける、
デラが安心して暮らせるお家を探してあげたいと思います。


スリスリ大好きなデラの里親さん、大募集です



関連記事
2013/10/09

子犬8兄弟を保護しました。

今日は市役所から8匹の子犬を保護しました。

8兄弟③



どうやら群れになって放浪する犬が民家でこの子犬達を産み、
発見した家の方が市役所へ通報したそうです。


今回は子犬たちを保護することが出来ましたが、また同じことがあっても、
人員や場所に限りがあるため、必ず保護できるとは限りません。

8兄弟②



もし保護できなければ、その子犬たちは指導センターに送られ、
楽しい思いも、誰に愛情を注いでもらうこともなく、殺処分を受けることになります。


そのような悲しいことが二度と起こらないようにするために、
子犬の親である放浪している犬たちを保護し、不妊手術もしくは去勢手術を行う必要があります。



市役所の方たちには捕獲器を設置してもらうようお願いしました。



放浪しているお母さん犬も、好きで放浪犬になったわけではないはず。。
すべては人間の責任ではないでしょうか。



早くお母さん犬も保護出来ますように…。

10月7日 8兄弟 子犬





関連記事
2013/10/06

みなさま、ありがとうございました。

昨日、笠間市で行われた「いばらきの犬と猫」の譲渡会は皆様のおかげで無事に
開催することが出来ました。


天候のすぐれない中、前回よりも多くの方にお越しいただき、
本当にありがとうございました。


IMG_0981.jpg


IMG_0984.jpg



大きくかわいく成長した姿を見せに、卒業したワンちゃんが優しいママと共に
遊びに来てくれました。
IMG_0991.jpg
幸せな姿を見ることが出来て嬉しいです
T様、ありがとうございました。



そして、そして今回の譲渡会では、のりお&めかぶ(猫組)、ワン2頭のトライアルが決定しました




みなさまに来ていただけることで、犬や猫たちが家族として迎えられる幸せなご縁に
繋がります。

これからも、不幸な犬や猫たちを1頭でも多く助けられるよう活動をしてゆきます。

本当にありがとうございました。
関連記事
2013/10/05

今日は里親会です!

さあ、里親会に出発です。

001.jpg



本日、茨城県笠間市にて、「いばらきの犬と猫」の里親会が開催されます。
(詳細は⇒ 譲渡会のお知らせ をご覧ください。)


少し肌寒い1日となりそうですネ。
みなさま、気を付けていらしてください



002.jpg
昨日、ご紹介した とまとちゃん と すいか君


003.jpg
「これからどこに行くのかな??」



004.jpg
「ちょっと眠いなぁ~・・」



005.jpg
いい子だね^^


006.jpg
めがぶ君、小さい子たちをよろしくね


007.jpg
ダノンちゃん、いい子にするんだよ。



この子たちの他にも参加する子がいますので、みなさんぜひ会いに来てください~

家族を迎えたいと考えている方も、まだそこまでお考えでない方も
会場に足を運んでいただき、お話しさせていただければと思います。


どうぞよろしくお願いします♪


関連記事
2013/10/04

明日は譲渡会が開催されます♪

明日は茨城県笠間市で譲渡会が開かれます。

雨でも行いますので、たくさんの方に来ていただけると嬉しいです。

どうか暖かくしてご来場くださいね。





まず、お知らせです。

先日ご紹介した子犬の てら はお見合い予定が入り里親会には参加しないことになりました。
ご了承ください。

DSC09251.jpg





次に明日参加予定の猫たちを紹介します


ぼくはすいか (4か月) です。

timgc192329.jpg


女の子のようで男の子です。
一見、繊細そうに見えますが、元気いっぱい遊び盛りです。
timgc192329-3.jpg





わたしは とまと (4か月)
timgc192239-2.jpg


チャームポイントはこの透明感☆
人も猫も大好き!

timgc192239-3.jpg

お転婆のわたしに会いに来てください~!





こんにちは。ぼくは めかぶ といいます。(3ヶ月)

timgc192328-2.jpg




少しオチビだけど、元気いっぱいです!!
会いにきてくださいね♪

timgc192328-1.jpg




他にもかわいい子猫、元気な犬たちが参加します
(子猫は当日の体調の変化によっては急に参加できなくなることがあります。ご了承くださいませ。)




関連記事
2013/10/02

10月の里親会に向けて。。

10月5日(土)、笠間市で行われる里親会に参加します



ぼくの名前は・・・てら (2.5か月)

DSC09300.jpg


ふせはたまたま出来た!!
DSC09288.jpg


抱っこも大好き!!
DSC09315.jpg




ぼくの名前は・・・てる(2.5ヶ月)

DSC09264.jpg


ぼくはお座りがまあまあ出来るつもり!!
DSC09246.jpg


横から見るとこんな感じ!!
DSC09262.jpg



病院で健康チェックも済ませ、準備万端です.bu7WevfNFMDRTd21380723237_1380723664.png

qLnx_Dog7Fjc1PU1380734027_1380734209.png


てる と てら は兄弟犬です。
毎日仲良く、元気に幸せになる日を待っています。

ぜひ会いに来てください
関連記事

続きを読む