2014/10/16

“みいちゃん” と “子猫”

9月26日、役所から1匹の成猫を保護しました。

!cid_01@141003_2014101523503220b.jpg

まだ幼さの残るかわいい三毛の女の子。

名前を“みいちゃん”と付けました。


みいちゃんは子猫を産んですぐに親子共々捨てられていたそうです。


みいちゃんたちを役所に迎えに行ったときには産まれて間もない子猫たちは
すでに動物指導センターに送られてしまっていました。


みいちゃんと子猫を捨てた人はどんな思いだったのでしょう。
産まれた子猫はもちろん、みいちゃんが子を産む女の子と解った途端にいらなくなってしまったのでしょうか。




そしてみいちゃんを保護して1週間ほど経った頃、

同じく役所からまだ目が開いたばかりくらいの小さな子猫を保護しました。


IMGP6534.jpg


偶然にもみいちゃんと同じ三毛の女の子です。

1匹で捨てられていたようです。

IMGP6535.jpg


まだお母さん猫が恋しい子猫は、
保護宅にもやっと慣れてきたみいちゃんにぴったりとくっついて離れません。

はじめは戸惑っていたみいちゃんも、徐々に子猫を受け入れ、
今では本当の親子のようにいつも寄り添って過ごしています。

IMGP6504.jpg


ミルクは哺乳瓶であげていますが、

体温の調整や排泄のお世話などみいちゃんのおかげで本当に助かっています。

IMGP6503.jpg


今では互いを必要とし、あたたかな愛情でしっかり繋がっているみいちゃんと子猫。


出来れば2匹で迎えてくださる里親さんを募集し、
これからいっぱい、幸せになってもらいたいな。。と願っています。

IMGP6521.jpg


とっても穏やかで優しい三毛の “みいちゃん” と、
みいちゃんに寄り添う幼い “子猫” の応援をどうぞよろしくお願いいたします。





関連記事