2014/10/19

てつの通院

先日、高齢の“てつ”が元気にお散歩をしているという記事(9/27)を書きましたが、

あれから数日後、急にご飯を食べなくなり、起き上がることが出来なくなってしまいました。

身体を起こしてあげても倒れてしまい、嘔吐のあとも見られ、とても気分が悪そうでした。

!cid_01@141019.jpg
《病院にて》



病院で診察していただくと、高齢のワンちゃんに多くみられる 『突発性前庭疾患』 と診断されました。


以前、 “りゅう” も同じ症状で通院したことがありましたが、幸い回復にいたりました。
IMGP1584.jpg
《りゅう》


てつも後遺症など残らずまた元気になってくれると良いのですが・・・。

!cid_01@141016.jpg
《てつ、頑張ろうね》


それから数日間、注射と補液のため通院し、何とかご飯とお水を口に出来るようになったので

飲み薬で経過をみることになりました。

けれど、寝たきりの状態は続いており、今はそっとしてあげることしか出来ずにいます。



病気が出てきたり、足腰が弱くなったり・・・年齢を重ねるにつれ逆らえないことだと分かってはいても、

苦しみや痛みは極力取り除いてあげたい、出来る限り穏やかな日々を送って欲しいと願ってしまいます。



てつとまた一緒にお散歩に行ける日を、、今はゆっくりと待ちたいと思います。
関連記事