2014/12/16

いつまでもかわいい ケンちゃん

12月11日の朝のことです。

おじいちゃん犬のケンちゃんが、そっと眠るように息を引き取りました。

亡くなる前々日の夜くらいから、足や体に力が入らなくなり、ご飯を口にしなくなってからあっという間の出来事でした。

141210_171149.jpg
亡くなる前日の夜~眠っているように静かに目を閉じるケンちゃん


いつまでも一緒にいることは出来ない、いつかはこんな日が来るとは分かっていても、

やはりとても寂しいものです。



今年の2月に道端の溝にはまって動けなくなっているところを住民に発見され、

役所に収容されて保護宅へとやってきたケンちゃん。

年齢は分かりませんが、ここに来た時にはすでにおじいちゃんだったケンちゃんと過ごした日々は

約10ヶ月という短い期間でしたが、楽しい思い出をたくさんもらいました。


!cid_01@141216.jpg
ご飯を食べたらいつの間にかゴロンと横になってしまったね

!cid_01@140925_20141216043359bdd.jpg
子猫と眠ったり・・

IMG_0436.jpg
お散歩も楽しみました


ケンちゃんは、いつもかわいい眼差しで私たちを和ませてくれました。

おじいちゃんというよりも、まるで子供のように澄んだ目をした優しい子でした。


!cid_01@140927.jpg
抱っこされることも多かったね

IMGP4457.jpg
気持ちよさそうに眠るケンちゃん



苦しむ様子もなく、本当にすやすやと眠るように最期を迎えたケンちゃん。

ケンちゃんにとっても、私たちにとってもそれは大きな救いだったと思っています。


IMGP6366.jpg


ケンちゃんの犬生の最後の日々を一緒に過ごせて幸せでした。

クンクン・・・トコトコと歩くのが大好きだったケンちゃんは、

身軽になった身体で今頃あちらこちらを散策しているかもしれません。

皆さまからの応援、そしてかわいがっていただき、本当にほんとうにありがとうございました。

IMGP4681.jpg
ケンちゃん、ありがとう またいつの日か一緒にお散歩しようね
関連記事