2016/04/09

ふみ丸のこと

高齢で保護され、余生を保護宅で過ごす犬たちがいます。

今日はその中から “ふみ丸” を紹介させていただきます。 



ふみ丸は昨年、11月11日に役所から保護しました。

201604090013490fc.jpeg   20160409001322b54.jpeg
保護時のふみ丸・・役所にて



頻繁に咳をしていたふみ丸。おしっこは真っ黄色でした。

保護される犬たち・・決まりごとのように、ふみ丸も重度のフィラリア症でした。

それから毎日のお薬を飲んでいます。

お散歩が大好きなふみ丸ですが、すぐに息が切れていまうため、ゆっくりゆっくりしています。




・・・それから3カ月経った2月、ふみ丸のお腹が膨れていることに気が付きました。

病院に行くと、フィラリアにより腹水がたまっていることが分かり、先日5回目となる腹水を抜きました。


20160409001416a7f.jpeg
病院にて


今のところ、ご飯もよく食べ元気な様子のふみ丸ですが、フィラリアでなければ今までも、これからも、もっともっと楽に生活できたでしょう。

犬たちを保護すると正直時折、思うのです。

飼い主さんが見つかったとして、元の生活に戻り、この子は幸せなのだろうか・・・と。


fimi.jpg


ふみ丸、どうかな。。

とにもかくにもふみ丸、ご飯を楽しみに・・お散歩を楽しみに・・今は保護宅で頑張っています。

私たちもふみ丸が1日1日を穏やかに過ごせるよう、これからも見守って行きたいと思います。








関連記事