2016/09/25

5匹兄妹だった2匹の子犬

20160925020527395.jpeg


9月1日、役所より2匹の子犬を保護しました。

農家のお家で飼っているワンちゃんが子を生んでしまい、この2匹はどうしても貰い手がつかず面倒を見ることが出来ないから・・・と役所に持ち込まれたとのことです。

子犬は5匹生まれ、うち3匹は男の子でもらわれていったそうです。


20160925020544b92.jpeg



以前にも書きましたが、この辺りでは“メス”は子供を生むため飼うことを敬遠されます。

避妊手術をするという考えがはなからない証です。


201609250206061ea.jpeg
首輪を付ける前に・・他にしてあげることがあるはず。。ノミとカビによる皮膚炎になっていました



“もらわれていった”3匹の男の子が気がかりで仕方ありません。


どんなところで、どんな人に、どんな風に飼われるのか・・・


もちろん、きちんと飼ってくださるお家もあるかと思いますが、こうして役所やセンターに持ち込まれる子犬や子猫たちがあとを絶たない現実から、「もらわれた」=「幸せになる」とは思えず・・・今頃どうしているのか、子犬から成犬になりどんな一生を送るのか、、いつも暗く不安な気持ちになってしまうのです。
関連記事