2017/01/15

【その1】コンビニと猫

随分と時間が経ってしまいましたが、昨年7月、まだぐずぐずとしたお天気の続いていたころの出来事です。

コンビニの駐車場にあるゴミ箱付近をおどおどした様子で行ったりきたりしている猫を見かけました。


20161018193311368.jpeg
(後日、撮影しました)

猫は↑写真のフェンスの向こう側から


201610181934207f2.jpeg
(後日、撮影しました)


ゴミ箱わきに置いてあるこちらのバケツまで人の気配を避けながら行ったり来たりしていました。

バケツに捨てられた食べ物を食べようとしていたのです。




その様子を見たらいたたまれない気持ちになりました。

バケツの受けざるには残った食べ物だけではなく、たばこの吸い殻やゴミも入っているからです。




かつて同じような状況で保護した“銀”という猫もはじめて排泄した便からは、たばこのビニールテープが出てきました。

そんな銀も6月に亡くなり、、この子と同じようにびくびくしながらも必死にバケツに手をかけ中を覗いていたなあ、、と当時のことを思い出し、かわいかった銀の面影を重ねながら、切ない思いに駆られました。


人に慣れていない生粋の野良ちゃんだと思われたので保護できるかどうかも分かりませんが、幸いそこは保護宅から近いコンビニでしたのでやるだけやってみようと大急ぎで捕獲器を持ってきました。


そして捕獲器を置かせてもらい、ものの数秒です。猫は捕獲器の中に入ってくれました。
よほどお腹を空かせていたのだと思います。



201610181931077a5.jpeg
ミイちゃん、まだケージ生活だったころにそっと撮影


コンビニの店員さんの話しと猫の様子から野良ちゃんだとは思いましたが、万が一飼い主さんがいたときの為にコンビニの方にはこちら連絡先をお願いしておきました。


辺りはすでに真っ暗でした。


無事にミイちゃんを保護することが出来てまずはホッとし、そのコンビニをあとにしました。
















関連記事