2017/10/22

1歩ずつ・・不幸な命ゼロを目指して

10月15日・日曜日、茨城県古河市の庁舎にて同市の犬猫を対象とした無料の不妊(避妊・去勢)手術が行われました。


20171022023519d99.jpeg
当日の早朝・・あかげさまで・前日からの準備もととのいました。


この度古河市において、無料の不妊手術が行われた経緯を簡単にご説明します。

今年度茨城県で初めて『殺処分ゼロに向けて』の予算が組まれました。
それをうけ、県からNPO法人「しっぽのなかま」さんに一部の補助金がおりることになり、「いばらきの犬と猫」と協力して
古河市で無料で不妊手術を行うこととなりました。


20171022023543cf7.jpeg


まずは無料の不妊手術を行うことを多くの方に知っていただくため、チラシの配布・ネットワークでの拡散のご協力などから始まりました。
そして手術の準備から当日まで、市の職員の方々をはじめ、佐藤市議、ボランティアで参加して下さったお手伝いの皆さん、たくさんの方々のご協力をいただきました。
古河市における手術場所の提供や告知チラシ作成のご協力も頂き、大変助かりました。



遠方よりお越し頂き、執刀をしてくださった山口先生・スタッフ様のお力を頂き、
犬と猫を合わせて38匹の不妊手術を無事に行うことが出来ました。


2017102202353075a.jpeg


残念ながら県西地区には一般の方が低料金で不妊手術を提供してもらえるような場所がないため・・不妊手術の必要性は感じながらもなかなか踏み切れないでいるかた方に、この度の古河市での無料手術ができたことはとても良かったと感じています。


20171022023650079.jpeg


外で危険にさらされながら飢えをしのいでいるたくさんの猫たち、そして転々と生きる場所を変えて生きる犬、、不妊手術をしなければ次から次へと子猫、子犬を生み・・その犬猫たちがまた子を生むという不幸の連鎖はどこまでも続きます。


20171022023555de0.jpeg


お腹を空かせているからせめてご飯を・・・と考える方が多いようですが残念ながらそれだけでは真の愛情ではありません。
今、目の前でご飯を食べているその子の未来を考えて欲しい・・・心からそう願います。


2017102202362453c.jpeg

お迎えを喜ぶワンちゃんの姿を見るとこれからスタートする術後の新たな毎日が幸せなものであって欲しいと強く思いました。


不妊手術をしてあげるちょっとの勇気と行動力・責任感で茨城の犬と猫の状況も変わってゆくはずです。
みんなで力を合わせて、『不幸な命を作らない・増やさない』を広めていかなければと思います。


2017102202363801a.jpeg


茨城の現状を見る・・・考えると、
ほとんどの犬と猫の不幸の始まりは・不妊(避妊・去勢)手術が行われていない事が原因だと
思わずにはいられなのです・・・。



関連記事