2013/12/24

行く末を案じて・・

12月、いばらきの犬と猫の譲渡会が行われた日の夕方。

保護主Kは、子犬を +10匹 連れて家に戻ってきました。


IMGP1501.jpg



飼い主さんのいる犬2頭から不本意で生まれてしまった子犬たち。

お母さん犬に避妊手術をしていれば、回避することの出来た現状です。

飼い主さんも里親さん探しを頑張ってくれたそうですが・・・

『欲しい』という人に、ただ渡すだけでは、その子の幸せは保障できません。



『幸せな譲渡』・『良い里親さんを見つける』ということはやっぱりとても大変なことなのです。


IMGP1497.jpg



けれど生まれてきたこの子たちには何の罪もありません。

どうかあたたかな家族が見つかりますよう、応援をよろしくお願いいたします。

IMG_1714.jpg

IMG_1702.jpg



それでは10兄弟を紹介いたします。
みんな似ているので、名前を間違えないようにしないと・・・


いくた (男の子・3ヶ月)
生田


いせ(女の子・3ヶ月)
伊勢


あつた(男の子・3ヶ月)
熱田


いずも(男の子・3ヶ月)
出雲


あさま(男の子・3ヶ月)
浅間


すわ(女の子・3ヶ月)
すわ


にこ(女の子・3ヶ月)
ニコ

みこ(女の子・3ヶ月)
巫女 (2)


かも(女の子・3ヶ月)
御さらいかも


うさ(女の子・3ヶ月)
宇佐



元気いっぱいの6匹+4匹の兄弟達です。


 お問い合わせは・・いばらきの犬と猫HP 『お問い合わせ』  『里親さん希望フォーム』 よりお願いいたします。

 『里親さん募集 犬一覧』 からも詳しくご覧いただけますのでよろしくお願いいたします。。



茨城県では年間、約7000頭もの犬と猫が動物指導センターに収容され、
苦しみ、もだえ叫びながら死んでゆきます。

決して安楽死ではありません。

望まれず生まれ、捨てられて、死んでいく犬・猫をこれ以上増やさないために、
どうか避妊・去勢手術を行ってください。
関連記事