2013/08/06

栃木県の悪質飼主が告発されました。

栃木県上三川町の50代男性が動物愛護法違反で刑事告発され警察に受理されました。


男性は自宅の庭の狭い檻に中型犬等8匹を閉じ込め、排泄の処理もせずに放置していました。
3年前から近所から苦情が出ており、檻の中には1トンの排泄物が放置されていました。
中には3頭の犬の死骸もあり、共食いが行われた跡が残っていました。(平成25年8月2日)




犬達はどんなに辛かったでしょう。。。

このような悪質な飼主がいたら、言葉で訴えることのできない犬や猫達の為に、
積極的に声をあげて訴えていきたいです。


杉本彩さんもアニマルポリスの必要性を訴えており署名集めをなさってます。(9月15日迄)
彩さんのブログも見てください。行政のこと、動物の虐待について詳しく書かれています。
そして署名の御協力をお願いします。
関連記事